Lenovo V520 と GeForce GTX 1050Ti を試す①

Steamのゲーム用にそろそろPC新調すっかなーと思って、価格コムとにらめっこ。
第7世代の i7 搭載でお手頃なやつ。

それで 2017年12月現在、最安だったのが Lenovo V520 。
ミニタワー型ではあるが、ぶっちぎりで安い。

あまり意味はないが、参考までに主要パーツの価格を考えてみる。(Amazon調べ)

  • Windows 10 Home → ¥14,000
  • Core i7 7700 → ¥34,000
  • HDD 1TB → ¥6,000
  • 8GB DDR4 2400 → ¥11,000

おっ、こりゃパッケージ買った方が断然安い、ってことで購入決定。
富士通も Lenovo 傘下に入ることだし。

オプションで GT730 クラスのグラボ(+¥11,000)が選択できるが、これはパス。
別途ゲーミング用にエントリーモデルのグラボを入れることにする。

オプションで SSD 240GB に変更すると ¥14,000 の追加になり、これもパス。
このあたりで儲けを出してるのかもしれない。あるいはカスタマイズ人件費か。

ということで、グラボはこれをチョイス。
補助電源不要でそこそこの性能となると、この価格帯だとほぼこれ一択。

SSDはこれだ。
これをシステムドライブにして、元々ついてる1TBのHDDをデータディスクにする。

付属品も忘れずに。
SATAケーブルは付属しないので、買っておくべし。

サイズとか空きスロットとか確認しなかったけど、まぁ何とかなるやろw

その2に続く

Lenovo V520 と GeForce GTX 1050Ti を試す②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です