Volumio で Raspberry Pi をオーディオサーバに

Raspberry Pi 3 をオーディオサーバにしてみよう!です。

Volumioって?

  • Raspbianベースのディストリビューション
  • オーディオサーバ機能をまるっとパッケージ
  • NASやUSBストレージに対応
  • 操作は各種ブラウザで可能(内部でwebサーバが動いてる)
  • Apple Air Play にも対応(エミュレートしてる)

・・・という感じで、

  • ラズパイ買ったけどいまいち有効利用できてない
  • 一通り触ってもう飽きた

な諸兄にぴったりな内容となっております。

インストール

volumioはイメージファイル(img)の状態で配布されております。
公式サイトからRaspberryPi用のイメージをダウンロード。

こいつをRaspbianなんかと同じように、Win32DiskImagerなどでSDカードに書き込んでラズパイを起動。
あ、初回はLANケーブルを忘れずに。(DHCPもね)
しばらく待ってから、ブラウザで「http://volumio/」にアクセスすると・・・。

volumio1

こんなんでましたけど!
という感じで非常に簡単です。

wifi設定やらなんやら

右上の歯車マークから色々設定できます。

volumio2

wifi 設定は NETWORK から。
これでLANケーブルからも開放されます。

言語設定を日本語にする場合は APPEARANCE から。
背景画像を変えたりなんてニクいこともできたりします。

USB-DACを使う

ラズパイ自体のアナログ出力はノイズが乗りまくって、音楽鑑賞って感じではありません。
となると HDMI-OUT か DAC を使うことになりますが、今回はお手軽に USB-DAC を使ってみました。

今回使ったのは Signstek MUSE Audio USB-DAC ヘッドホンアンプ。
ケーブル付きでAmazon最安でした。

自分ではんだ付けできる人なら自作キットもあるみたい。
ぼくはキングオブブキヨーなのでムリです。

USB-DACを刺して歯車メニューから「SHUTDOWN」→「Restart」。
起動するまでしばし待ってから、再度歯車メニューから「PLAYBACK OPTIONS」を選択。

volumio3

「Output Device」に「DAC」を選択して「Save」をクリックすればOK。
USB-DACから音が出るはずです。

ヘッドホン等で聴く人はVolumeを10とかにしておいて、徐々に上げていかないと耳が死ぬので注意。

スマフォからアクセスしてみる

スマフォのブラウザから http://volumio/ にアクセス。
名前が引けなければIPアドレスで。

IMG_2969

ぬおおおおお!!!

AirPlayしてみる

iOS端末の下の方をタップしてメニューを出し、AirPlay→Volmio選択。

IMG_2967

IMG_2968

いや、まじこれイイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です