minidlnaの文字化け対策

RaspberryPiでメディアサーバを構築してみようと minidlna を導入した。
動作に問題はなさそうだが、TV等からリスト表示しようとするとフォルダ表示が文字化けする。

設定ファイルに文字コードの指定はなさそうだし、どうしたもんかなぁと思っていたら、こんなページを見つけた。

minidlnaでの文字化けとパッケージの再構築 (Raspbian jessie)

ビルドからやるしかないみたい。参考にさせて頂いた。

ソースのダウンロード

作業フォルダを mkdir して、そこで apt-get source する。
ソースファイル一式がダウンロードされる。

 

不足パッケージをチェック

ソースフォルダに移動して、不足パッケージをチェック。

 

不足パッケージのインストール

うちの環境では以下。

 

rules ファイルの変更

先のページを参考にしつつ、rules ファイルを変更する。

以下のパラメタを追加する。

–disable-nls

ビルド実行

いよいよビルド実行。

Raspberry Pi 3 で3分ほど?時間がかかるので、座して待つべし。
ビルドに成功すると、ビルドを開始したフォルダじゃなくて一つ上のフォルダに deb パッケージができる。

インストール

TVから動作確認してみる。動いた!
けど、文字化けは解消してない。

データベースを削除して再作成させてやる必要があるらしい。

これで解決!!!

minidlnaでの文字化けとパッケージの再構築 (Raspbian jessie)

「いいね」押しまくりたい。

NLSってなんやねん

「Native Language Support」の略で、国際化対応のことらしい。
だから多分、本当は日本語で表示されるはずなんだろうね。
今回はこれを disabled にして、英語表記にすることで解決したみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です